• ホーム
  • ジェネリックのジスロマックは昔からある治療薬と効果は同じ?

ジェネリックのジスロマックは昔からある治療薬と効果は同じ?

悩んでいる男性

最近は日本国内でも、病院や処方箋薬局などで値段が安いジェネリック(後発)医薬品を処方される機会が増えています。ジェネリック医薬品は先発医薬品と有効成分は同じですが、安い価格で販売されているという特徴があります。医療保険制度が完備されていない国や地域では患者が薬代を全額負担しなければならないので、以前から先発医薬品よりも安価なジェネリック医薬品の方が多く用いられています。

一般的に先発医薬品と比較するとジェネリック医薬品は3~5割ほど安い値段で販売されていますが、薬の有効成分の種類と配合量は全く同じなので同等の治療効果が期待できます。薬の効き目以外にも、服用方法や副作用・併用禁忌についても先発医薬品と全く同じです。

ジスロマックの有効成分のアジスロマイシンは既に特許の有効期限が切れているので、開発元のファイザー以外の製薬会社が同じ成分を含む治療薬を安価で製造・販売しています。ジスロマックのジェネリック医薬品はいくつかの種類がありますが、いずれも先発医薬品と同じ効果があります。日本国内の病院では先発医薬品のジスロマックが処方されるケースがほとんどですが、医薬品を専門に扱う通販サイトでは安い費用で購入できるジェネリック医薬品の方が人気を集めています。

同じ有効成分の薬でも、昔から使用されてきた先発医薬品と安価な後発医薬品の両方が流通しています。一般的に値段に応じて製品の質が違いがありますが、医薬品に関してはこのルールが当てはまりません。先発医薬品の販売価格には莫大な研究開発費が転嫁されていて、製造費用や流通コストを大きく上回る値段で販売されています。既知の有効成分が配合されているジェネリック医薬品は開発費用が少なくて済みますし、特許期限が過ぎているので開発元の会社にライセンス料を支払う必要もありません。このため、ジェネリック医薬品は値段が安くても先発薬と全く同じ治療効果が期待できます。

病院に行かないで自分でクラミジアを治療する場合は、個人輸入通販サイトでジスロマックの後発医薬品を安い値段で購入することが可能です。販売価格が安くても有効成分の種類と量は全く同じなので、病院で処方されるジスロマックと全く同じ効果があります。ジェネリック医薬品を服用した場合の副作用の症状や発生リスクも先発医薬品と全く同じなので、値段が安くても安心して服用することができます。薬の治療効果や安全性は全く同じなので、通販サイトを利用する際にあえて高価な先発医薬品を選ぶ理由はないでしょう。

関連記事
クラミジアの治療を放っておくと肺炎になる可能性はあるの? 2020年08月08日

クラミジア感染症と聞くと性器や泌尿器の病気というイメージを持っている方が多いですが、病原菌は喉(のど)や眼球などの他の場所にも感染して炎症を起こす場合があります。ごく稀に、病原菌がヒトの肺に感染して肺炎を発症することも知られています。肺炎を起こすクラミジア菌には性病の病原菌(クラミジア・トラコマチス...

自宅でセルフチェックをしてクラミジアのリスクがあるか確認しよう! 2020年06月30日

性器クラミジア感染症は初期症状の段階で治療を開始すれば、飲み薬を飲むだけで完治させることができます。早めに治療をすれば症状が軽くて済むので、痛みや腫れなどの症状に悩まされることもありません。もしも発見が遅れて重症化すると飲み薬だけで治すことができず、数週間にわたり入院して点滴治療を受けることになって...

クラミジアになった時に現れやすい症状は?患部の痛みや痒みは強い? 2020年02月03日

性器クラミジアに感染すると、1週間~1月ほどの潜伏期間を経た後に初期症状を発症して発病します。男性と女性では生殖器や泌尿器の構造が違うので、発症した時の症状が異なります。男性・女性ともに初期症状の段階では強い痛みや痒みなどのようにはっきりと分かるような自覚症状が出ることがなく、病気に気づきにくいとい...

妊娠中の女性はジスロマックを使える?胎児への影響はない? 2020年05月22日

妊娠中の女性が性器クラミジアに感染すると、子宮で炎症を起こして流産や早産の危険性があります。正常に分娩できたとしても、出産の時に病原菌が新生児に感染して誕生後に発症する恐れもあります。もしも妊娠中の女性がクラミジアに感染していることが判明したら、早めに治療をして完治させなければなりません。ジスロマッ...

うっかりとジスロマックを飲み忘れても平気?再発リスクは高まるの? 2020年04月25日

一般的に飲み薬タイプの抗菌薬は、治療期間が終わるまでの間は1日あたり1~3回に分けて毎日決まった時間に飲み続ける必要があります。薬を飲み忘れたり、治療期間中に服用を中止すると病原菌が再び増殖を開始してしまい、病気が再発する恐れがあるからです。誤った方法で抗菌薬を服用すると薬剤耐性菌が出現する危険性が...