• ホーム
  • 妊娠中の女性はジスロマックを使える?胎児への影響はない?

妊娠中の女性はジスロマックを使える?胎児への影響はない?

妊娠中の女性が性器クラミジアに感染すると、子宮で炎症を起こして流産や早産の危険性があります。正常に分娩できたとしても、出産の時に病原菌が新生児に感染して誕生後に発症する恐れもあります。もしも妊娠中の女性がクラミジアに感染していることが判明したら、早めに治療をして完治させなければなりません。ジスロマックは安全性が高い抗菌薬のひとつで、どうしても必要な場合に限り妊娠中の女性にも処方される場合があります。ただしジスロマックが胎児に対して全く影響がないと確認された訳ではないので、使用時には注意が必要です。

アメリカ食品医薬品局(FDA)では抗菌薬が妊娠中の女性に対して及ぼすリスクを公表しており、5段階のカテゴリーで表示しています。ジスロマック(アジスロマイシン)はカテゴリーBに区分されていて、これは胎児へのリスク(危険性)は下から2番目に相当します。FDAのカテゴリーBは、ヒトでの安全性の確認は不十分だが動物実験では危険性がないことが確認された、という区分です。妊娠中の女性がアジスロマイシンを服用しても胎児何らかの影響が出る可能性は極めて低いですが、動物実験でしか確認されていないので人間の胎児に影響がないと断定することはできないということです。妊娠中の女性がクラミジアに感染すると非常に高い確率で胎児に深刻な悪影響が及ぶので、リスクを許容して治療をする方がメリットが大きいという理由でジスロマックが処方されます。

これまで産婦人科で妊娠中の女性にジスロマックが投与されてきましたが、過去にヒトの胎児に何らかの影響が出たという報告はありません。このため、妊娠中にクラミジアや他の細菌感染症に罹った場合はジスロマックを服用することが可能です。抗菌薬の中には妊娠中に服用が禁止されているものがありますが、ジスロマック(アジスロマイシン錠)は妊婦が服用することができる薬のひとつです。ただし、ヒトの胎児に対して影響が出ないと確認されている訳ではないため、薬を服用するのは本当に必要な場合に限られます。

ちなみに授乳中にジスロマックを服用すると、一時的に薬の成分(アジスロマイシン)が母乳に含まれるようになります。ただし母乳中に含まれるアジスロマイシンの濃度は非常に低く、乳児に対する影響はないと考えられています。ジスロマックは乳幼児が感染症に罹った際に投与されることがある薬なので、母乳中に薬の成分が僅かに含まれていたとしても問題はありません。

関連記事
自宅でセルフチェックをしてクラミジアのリスクがあるか確認しよう! 2020年06月30日

性器クラミジア感染症は初期症状の段階で治療を開始すれば、飲み薬を飲むだけで完治させることができます。早めに治療をすれば症状が軽くて済むので、痛みや腫れなどの症状に悩まされることもありません。もしも発見が遅れて重症化すると飲み薬だけで治すことができず、数週間にわたり入院して点滴治療を受けることになって...

クラミジアになった時に現れやすい症状は?患部の痛みや痒みは強い? 2020年02月03日

性器クラミジアに感染すると、1週間~1月ほどの潜伏期間を経た後に初期症状を発症して発病します。男性と女性では生殖器や泌尿器の構造が違うので、発症した時の症状が異なります。男性・女性ともに初期症状の段階では強い痛みや痒みなどのようにはっきりと分かるような自覚症状が出ることがなく、病気に気づきにくいとい...

ジェネリックのジスロマックは昔からある治療薬と効果は同じ? 2020年03月24日

最近は日本国内でも、病院や処方箋薬局などで値段が安いジェネリック(後発)医薬品を処方される機会が増えています。ジェネリック医薬品は先発医薬品と有効成分は同じですが、安い価格で販売されているという特徴があります。医療保険制度が完備されていない国や地域では患者が薬代を全額負担しなければならないので、以前...

うっかりとジスロマックを飲み忘れても平気?再発リスクは高まるの? 2020年04月25日

一般的に飲み薬タイプの抗菌薬は、治療期間が終わるまでの間は1日あたり1~3回に分けて毎日決まった時間に飲み続ける必要があります。薬を飲み忘れたり、治療期間中に服用を中止すると病原菌が再び増殖を開始してしまい、病気が再発する恐れがあるからです。誤った方法で抗菌薬を服用すると薬剤耐性菌が出現する危険性が...

ジスロマックを飲み始める時は併用禁忌の薬剤を把握しておこう! 2020年04月09日

処方箋がなくてもドラッグストアで簡単に購入できる市販薬であれば、他の薬と一緒に飲んでも問題がないケースが多いです。そのため、花粉症や風邪薬などと胃腸薬を一緒に飲む人も少なくありません。市販薬の多くは効き目が弱いので、他の薬と一緒に飲んでも問題がない場合が多いです。これに対して、医療用医薬品の中には他...